Antarctic Record (1971-03-01)

Observations of Snow Accumulation and Sea Ice at Syowa Station, Antarctica

  • Renji NARUSE,
  • Yasoichi ENDO,
  • Tamotsu ISHIDA,
  • Yutaka AGETA

DOI
https://doi.org/10.15094/00007616
Journal volume & issue
no. 40
pp. 57 – 64

Abstract

Read online

第8次(1967年),第9次(1968年),第10次南極地域観測隊(1969年)において実施された昭和基地周辺の海氷上(北の浦およびオングル海峡)における,積雪量と海氷厚の観測結果をまとめて報告する。北の浦海氷上における積雪量は,場所による大きな相違があるが,おおむね卓越風向の風上地域では非常に少なく,風下の東オングル島に近い地域では多いという傾向が見られた。最も積雪量の多い所では,積雪深が9月から10月頃に120cmを越え,最も少ない所では,年間を通してほとんど積雪がなかった。北の浦全域の平均積雪深は,1968年,69年とも最大約30cmで,11月末から急激に消耗を始め,年間を通じてはほぼゼロとなった。昭和基地周辺の一冬氷は,9月から11月頃まで成長を続け,最大氷厚は110~140cmであった。